銀座で行われる脂肪吸引部位へのアプローチ法

ピンポイントで体を引き締めたい

美容整形外科は、銀座ニーズにマッチしたクオリティの高い痩身プランも提案しています。例えば、脂肪吸引の施術も、美食家も一目置くほどにグルメな街と言われる銀座では、人気の高い施術の1つです。ポイントになるのは、吸引できる皮下脂肪があることで、いわゆる肥満に近い状態が適応します。したがって、脂肪吸引部位も皮下脂肪が付いている部位であることが重要で、二の腕やお腹周り、太ももなどは人気部位です。とかく、こうした部位は痩せにくいため、ピンポイントで整えたいニーズにマッチしています。

脂肪を違う部位に入れる方法もある

ダイエットでは脂肪細胞全体の量を減らし、脂肪吸引では脂肪細胞の数を減らします。普段燃焼されにくい皮下脂肪にまでアプローチできるため、食事制限や運動したくない銀座マダムからのウケがよい魅力もあります。物理的に細胞数を減らすため、いわゆるリバウンドが起こりにくいとも言われており、こうした点もウケのよさに反映されています。吸引法も様々で、脂肪吸引部位を選ばないことからも最近では、吸引した脂肪を胸へ入れるなどの新しい整形スタイルが提案されています。豊胸施術として話題で、自身の脂肪を挿入するために、定着しやすい魅力も挙げられています。また移植することのメリットとして、余分となる皮下脂肪が付いていることが前提となる施術ですが、脂肪があるならば、皮膚にも弛みが生じることも少なくはありません。自己流ダイエットも同様で、中には胸元の弛みを気にする女性もいます。丸みある上向きバストも、脂肪の量に左右されており、脂肪吸引で吸引した脂肪は馴染みがよく、弛みまでも改善してくれることからも併せて行われています。

色々な吸引方法がクリニックで展開中

脂肪吸引部位にもよりますが、最もスタンダードな吸引法には、止血薬と生理食塩水で作られた溶液を脂肪に注入する方法ですが、その他、管から乳化させた脂肪を吸引する方法は体への負担を抑えてられたり、美容大国で開発され、銀座でも話題の脂肪吸引法には、超音波の振動エネルギーで溶かす方法もあります。超音波装置によって、脂肪を柔らかくしてから管を挿入するなど、脂肪吸引にはクリニックによって方法も数多く提案されています。こうした点から、最近人気となる脂肪吸引部位には、腫れぼったい、一重に近い奥二重などのまぶたがあり、どの治療法でも、担当医の技術や経験、事前のカウンセリングが最も大切で、バランスやセンスまでが問われています。